当サイト管理人ユキのとってもビッチな自己紹介※全部ホントのことです

PR

ビッチな体験談

目次

私の体験談

管理人

小学生の頃からセルフプレジャー大好きのユキです。

ビッチと言っても、中学・高校は私立の女子高だったので、男性への免疫は全くなかったんです。もちろん、お付き合いもしたことがありませんでした。

でも、早くヤリたかった!

スマホでエッチな動画を見ては妄想に耽ってセルフプレジャーばっかりしてました。あ、エッチな漫画もスマホでよく読んでたなあ。

とにかく性への興味が強かったです。

 

まさかの初体験

高校3年生で大学への進学も決まり卒業まであと2ヶ月くらいで、早めに帰れる時に私が入ってた美術部の先生から「なあ、○○、今からちょっとだけ付き合ってくれないか?」と声を掛けられました。

先生にはよく指導してもらって好感を持ってましたし、結婚して子供もいる30歳だったので、何も考えずに「いいですよ」と答えて、そのまま2人で先生の車に乗って学校を出ました。

車の中では他愛のない会話をしながら約1時間。

なんと!車はラブホテルの駐車場に入っちゃいましたっ!

「ずっと可愛いと思ってたんだ、いいだろ?」。

ひぇ――!?マジ!?こんな急に”その日”が来ちゃうの!?妄想はさんざんしてたけど心臓バクバクじゃん!

それでも、私は断らずに「はい」と。

初めてのラブホテル=エッチする場所へドキドキしながら先生の後ろについて入っていきました。

部屋は思ってたよりも広くて清潔感とゴージャス感がありましたね。今、考えたら高い部屋を取ってくれたんじゃないかな?

シャワー

交互にシャワーを浴びてバスローブ1枚でベッドへ。

「初めてだよね?」私は頷きました。

そして、人生初のディープキスから始まりました。

「可愛いよ、優しくするから」と先生はほんとに優しく全身を触ったり舐めてくれました。

まず、乳首はヤバかった。吸われたりコロコロされたり、甘噛みされたりするのがめっちゃ気持ち良かった。

私の妄想ではジュッポジュッポとよだれを垂らしながらフェラとかしてたんだけど、実際には何にもできずに先生にすべてを委ねちゃいました。

 

そして、先生の顔がアソコへ。

こんなに恥ずかしいとは!毛の処理もしてなかったし、匂いとか大丈夫か気になってしまった。

ってのも一瞬だけ。

クンニってこんな気持ちいいんだ!?セルフプレジャーとは違う気持ち良さ!

多分、そうとう濡れてたはずなのに先生は「美味しいよ、キレイだね」と言って、クリはもちろんお汁も全体も丁寧に舐めてくれた。

緊張しつつも放心状態という不思議な感覚。

そして、いざ挿入!

この時はまだバイブとか持ってなくて、角のない丸いボールペンの柄の部分を入れてクチュクチュしたりしていたので、本物の大きさがアソコに入るのは初めて。

先生はゴムを着けてゆっくり入れてくれたけど、私は「うゎうゎ、なんなんだこの感じは!?」と。

最初は遅目のピストンだったけど、「ちょっと速くするよ」と言ってガンガンに突いてきた時にはもう頭の中は真っ白。

でも、体は反応しまくって、ビクンビクン。多分、大きな声が出てたと思う。

どれくらいの時間だったか分からないけど、初めてなのにすごく気持ち良かったのは覚えてる。痛くもなかったけど、次の日にちょっとだけ血が出た。

 

結局、その1回戦だけで、先生はシャワーを浴びに行き、私はベッドでぐったり。

しばらくしてから私がシャワーを浴びてくると、先生がフロントにサンドイッチと飲み物を頼んでくれてて、それらを飲食して帰ることに。

家に帰れる電車の駅前で降ろしてくれました。

先生とはそれっきり。このことは親はもちろん友達にも言いませんでした。

でも、性欲爆上がり!「もっとヤリた――い」となりましたwもちろんセルフプレジャーもね!

 

エッチもセルフプレジャーも充実した大学時代

で、大学生になってフェイスブックやツイッターなどのSNSやマッチングアプリを駆使して、男の子を見付けてはヤリまくってました。

人生初の彼氏もできたし、セフレもできました。ん、彼氏にとっては私はセフレだったのかなあ?でも、旅行とか一緒に行ったし、クリスマスも一緒に過ごしたんですよ。ま、今ではどーでもいいけど。

電マ、ローター、バイブも買ってセルフプレジャーもさらに充実。

 

私はお酒も好きで割となんでも飲めるんですけど、合コンなんかでいい男を見付けたら「誘ってくれないかなあ」と思いつつ、酔ってしまうと自分から「2人で抜けない?」とか「ホテル行かない?」と言ってしまいます。

ほんとビッチですよね笑

 

勉強もちゃんとしましたよ。就職に有利だと聞いて在学中にMOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)の資格を取りましたから。

必修科目の単位も1回も落とさずに卒業しましたしね。

遊ぶ分だけ勉強も頑張ろうって感じでした。

 

この人の影響でもっとエッチになっちゃった

あー、そういえば忘れられない人もいますね。

ちょっとエッチなサイトで、ユーザーがおっぱいとかお尻とかアソコとかエッチな画像や動画をUPして、それに対してみんながコメントしたりするんですね。

中にはハッキリ見える画像もあったりして、そういうのはすぐ消すというルールでした。

男の人たちがめちゃくちゃ褒めてくれるので私も写真をUPしてました

ビンビンになった乳首とかアソコを指1本で隠した写真なんかを( ´艸`)

たくさんコメントが来るし、中には大きくなったおちんちんの写真を載せてコメントする人もいました。

 

そんな男性たちの中に、いつも褒めてくれて、ユーモアもある紳士的な人がいて、次第に仲良くなってLINEを交換しました。

その人とのLINEでのエロトークが楽しくて、お互いにアソコの写真などを送りあったりして盛り上がりました。

初めてLINEの通話で話をした時は、「クリを触ってごらん」「今、おまんこはどうなってる?」などとリードされて、1回の通話で私は5回もイカされちゃいました(/≧ω\)

次の日も4回イカされちゃいました。大きい声で喘いじゃいましたね。

とにかく言葉責めがめっちゃ上手いんですよね。それでいて優しいし。

 

私は「この人は絶対エッチ上手いはずだ、ヤリたい!」と思うようになり、会いたい、会いたいとLINEを送りました。

ユキ、ヒロくんと呼び合ってましたが、お互いに本名は知らず、顔も知りません。知っているのはお互いの年齢と住んでいる地域だけ。彼は40歳。私は21歳。住んでいるところはだいぶ離れてましたけど、彼が時間を作ってくれて私は新幹線でドキドキしながら会いに行きました。

お互いの服装を教え合って、駅で待ち合わせ。

すぐに分かりました。ヒロくんは背が高くてスラッとしたカッコいいおじ様(お兄様?)でした。彼も気付いてくれました。

ヒロくん「どうする?このままホテル行く?」

私「うん、行く!」

即答w

もうね、おじ様の色気がプンプンして期待値爆上り!

タクシーで近くのラブホテルへ。

お昼過ぎだったので、ランチとドリンクを頼みました。

食べながらも「ユキは可愛いなあ」「遠くまで来てくれてありがとう」と優しく声をかけてくれました。

一通り、食事が終わった頃、ヒロくんがキスしてきました。

よっしゃ!キタ―――(゚∀゚)―――― !!(心の声)

濃厚なキス。やっぱ上手い!

そして、ヒロくんの手が私の胸に。優しく揉んでくれたけど内心はもっと激しくしてもいいよー。

で、ブラウスのボタンを外され、ブラの上から。と思ってたらいつの間にかホックも外されてて、直接両方のおっぱいと乳首を揉まれたり、つままれたり、舐められたり、吸われたり。

もう気持ち良すぎ。。。

そして、いよいよヒロくんの手がパンツの中に。

「だいぶ濡れてるね」。

バレた――!もうキスの時から濡れてました、ハイッ(*°∀°)

 

スカートもパンツも脱がされてヒロくんのお口が私のクリを、ヒロくんの指が私のアソコの中を。

やっぱ上手いわ!この人そうとう経験してるなあ(゜ロ゜)ワオ

舌や指の使い方が絶妙なんですよ。女性のアソコを知り尽くしてる感じ。

めちゃくちゃ気持ち良くて、はあ、はあと息が荒くなり、気が付いたらイカされちゃってました。

「気持ち良かった?」とヒロくんに聞かれても声が出ずに頷くのがやっとでした。すると、頭をなでてくれながら「可愛いね、ユキ」と言ってチュッと軽いキスを。

たまらん♡(*˘︶˘*)スキ♡

ユキってちゃんと名前を呼んでくれるところなんかも女性の扱いに慣れてる感じですよね。

 

その後、あ、私シャワーも浴びてないっ!て気付いて、「シャワー浴びてくる」と言ってバスルームへ。

私が出てくるとヒロくんも「じゃ、俺も」と言ってバスルームへ。

さっきはソファーだったので、ベッドで待ちながらどんなエッチするんだろうと妄想してました。

ヒロくんはバスルームから出てくると「ちょっと待ってね」と言って、ソファーでタバコを吸いながらコーヒーを飲み始めました。

うぅぅ、焦らさないでよ――(ノωヽ。)゚。

 

ベッド

5分後くらいにベッドに来てくれました。

ヒロくんが上になってキスから始まり、優しく私の頭をなでてくれたり、体を触ったり、おっぱいを揉んでくれました。

首筋をスーっと舐められたときはビクンとして、耳も舐めながらフーっと息を吹きかけてきた時も「はぁん」と声が漏れちゃいました。

そして、クリとアソコも触られて濡れてきたら、部屋に備え付けの電マをクリに。

電マを当てながら私の足の指を舐めてくれたりして、3分くらいでイっちゃいました。

すると、間を開けずに「まだだよ」と言いながらヒロくんがクンニ。

ソファーの時とは違う指の使い方であっという間にまたもイカされちゃいました。

 

私ばっかりいい気持ちにさせられているので、「ヒロくんも気持ち良くなって」と私からフェラを。

そこでまたびっくり!

最初はしぼんでたんですけど、それでも「これってデカくない?」と。

玉玉も揉んだり舐めたりしながらフェラを続けているとすごい大きさになりました。

デカっ!今までで1番デカい!太いし長い!反りもすごい!

LINEで送り合ってたので写真では見てましたけど、やっぱり実物は迫力があります。

根元まで咥えるなんて到底無理だし、先っちょの亀頭ってところもデカいから顎が痛くなる。

 

そういうことを承知してるのかヒロくんが「寝て両手で両脚を広げて」と。

アソコが丸見えのかなり恥ずかしい体勢ですけど言われたとおりに。

そしたら、またクンニ。今度はけっこう激しめでびちゃびちゃと音を立ててアナルまで舐めてくれました。

気持ち良くってまたたっぷりと濡れてきたのをヒロくんが確認して「入れるよ」と。

そーっと入れてくれたけど、こっちはなんかすごいのが入ってきたぞって感じ!

そして、先っちょをゆっくりと入れたり出したり。

これがまた大きいカリの部分が私のアソコの端っこに引っかかるし、じゅぽんじゅぽんといやらしい音がして、恥ずかしいのにめちゃくちゃ気持ちいい。もう、脚から手を放しちゃいました。

その後はちょっと速めのピストン。ヒロくんの指でクリをいじられながら。

あんな大きなおちんちんなのに、私の中をいろんな角度や動きで突いてくる。

はいっ、5分もせずに腰が浮いて下半身に力が入ってイっちゃいました。

 

それでもヒロくんはやめません。

「全部入れるよ」と。

え――っ!?(# ゚Д゚)何、何!今までは何だったの?全部入れてなかったって事!?

と、またまたびっくり!

で、ヒロくんの大きいのがもっと深く入ってきました。

うぅぅ、すごい!奥まで当たる!めっちゃ気持ちいい!今までとはまた違う!これがあのポルチオを刺激されてるってこと!?

ヒロくんがガンガン突いてきて、もう頭の中真っ白。

何回イったか覚えてない。

ヒロくんが「ゴム外すよ、ちゃんと外に出すから」って言った記憶はある。

そして、私の両脚をヒロくんが自分の肩に乗せて、さらに強く突いてきました。

この体位は1番奥まで当たるのでひと突きごとに、体全体に電流が走って脳みそも刺激されるような感じ。

気持ち良すぎ!また、何回もイっちゃった。

そして、ヒロくんが「イクよ」と言って私のお腹に精子を出しました。

 

はあ、イキすぎて疲れた。

でも、ヒロくんは30分くらい突いてくれたから、もっと疲れたんじゃないかな。

それでも、終わった後も私の横に寝てくれて頭や胸をなでたり、全身を優しく触ってくれました。

「潮もだいぶ吹いてたね」と言われ、シーツを見るとびしょびしょ。こんなに潮を吹いたのも初めてでちょっと恥ずかしくなりました。

そして、この日のエッチが人生最高のエッチとなりました❤

 

もっとヒロくんと居たかったけど、時間もなかったので2人ともシャワーを浴びて帰り支度。

すると、ヒロくんが「これ、交通費」と言って数万円渡そうとしたので「嫌!私が誘ったんだし、ヒロくんとはそんなお金のやり取りはしたくない」と言って受け取りませんでした。

 

フロントにタクシーを呼んでもらい駅へ。

私が「またね」と言うと「うん、今日はありがとう、気を付けてね」と。

ホント、紳士でカッコいい!

 

数えきれないくらいイったのに帰ってからもヒロくんとのエッチを思い出しながらセルフプレジャーで3回くらいイキました笑

でも、次の日は股関節ガクガクで両脚とも筋肉痛でしたけどね…。

 

ヒロくんにいろんな経験させてもらった

その後、ヒロくんとは月に2~3回会うようになりました。ヒロくんが来てくれたり私が行ったり。もちろんエロLINEも続けてましたし、通話セルフプレジャーもしてました。

次に会う日が決まったら、「俺も剃るからユキもパイパンにしてきて」と言われ初めてパイパンにもしました。毛のないヒロくんのアソコは一段と大きく見えました。その時は「ユキ、ちゃんと入ったり出たりするところを見るんだよ」と出し入れしてるのが見える体位でヤって、私の汁でヒロくんのアソコがテカテカになって、しかもびちゃびちゃと音もするし、丸見えだから、恥ずかしいけど興奮しましたね。

 

ノーパン、ミニスカでショッピングモールなどに行ったり、遠隔操作のローターを私のクリの部分にテープで貼って行くこともありました。もちろんリモコンはヒロくんが持ってて、不意にスイッチを入れられるので、ビクっとなったり、座り込んだりしましたね。

ショッピングモールのトイレでもヤリました。超絶テクニシャンでデカチンのヒロくん相手なのに、声が出せないので、我慢するのは大変ですがその分興奮しちゃいました。

 

精子も初めて飲みました。エッチしていてヒロくんが「もうイキそう、ユキの口に出していい?」というので「うん」と。たくさん口の中に出されて、「飲める?」と聞かれたので、当然という感じで飲みました。ヒロくんのことが大好きだったから多少苦くても平気でした。ヒロくんが嬉しそうだったので、それからは私の方から「飲みたい」と言うように。

 

野外でもヤリました。そこはヒロくんが知ってる秘密の場所で、目の前にはきれいな海が広がっている大きな岩の洞窟です。下は砂浜で人が絶対に来ないようなところ。立ちバックやビニールシートを敷いた上でいろんな体位で。大自然の中で素っ裸でエッチするのはものすごく爽快で開放感があり、その場所でエッチするが大好きになって何度かヒロくんに連れて行ってもらいました。

 

ヒロくんの車で出かけてる時は、助手席で上半身裸にされたり、運転中のヒロくんのおちんちんをフェラしたりしました。「隣を走ってたトラックの運ちゃん、めっちゃ見てたよ」とか言われ2人で笑いましたね。

 

アナル

アナルも開発されました。ヒロくんのあんな大きいのが入るわけないと思ってたけど、何度もシャワーでアナルの中にお湯を入れて洗われたあとに、1時間くらい薄いビニール手袋を着けてローションたっぷりでマッサージするように広げられました。そして、まだ完全には勃起していない状態のおちんちん(それでも普通の人より大きい)にコンドームを着け、ローションをおちんちんとアナルにたっぷり塗って、「痛かったら言うんだよ」とゆっくりと挿入。ちょっと痛かったけど、黙ってました。亀頭と言うところがなんとか入るとあとはスムーズでした。ゆっくりとピストンしていると、中でヒロくんのおちんちんが大きくなっていくのが分かりました。

そっか、中で大きくした方がいいから完全勃起じゃない状態で入れたんだ!入口は狭いけど中は広いし!やっぱ、ヒロくん慣れてる!

初めてだったので、ヒロくんはずーっとゆっくりしてくれてたんですけど、「あ、そこ気持ちいい」ってポイントがあって、私がビクンと反応したらヒロくんも気付いたみたいでそのポイントを責めてくれました。

ってゆーか、初めてのアナルで感じるってどんだけ私はビッチやねん笑
と言ってもホントに気持ち良くなったのは4回目か5回目くらいからですけどね。

ヒロくんは指用のコンドームも持っていて、バックの時などによく指でアナルをイジられました。これも気持ち良かったなあ。

 

ハプニングバーにも何度か連れて行かれました。

ヒロくんは会員だったので、料金だけ払い、私は最初だけ入会の手続きとシステムの説明がありました。

高級なバーのようなカウンターでドリンクを貰って、ちょっと緊張しながら薄暗いフロアに入っていくと、ヒロくんは誰かと喋ってて、目を凝らして見渡してみると、エッチしてる男女がいました。挿入中だったり、性器を舐めてたり、おもちゃでいじられてたり。3人の男性に囲まれてる全裸の女性もいた。

話は聞いたことあったけどホントにヤってるんだあ。

お酒を飲みながら楽しそうに会話してる人たちもいましたけどね。

男性も女性もけっこう居て、年齢も様々。コスプレしてる綺麗なお姉さんも居ました。それでも、21歳の私は若い方でしたね。

ヒロくんのところに行くと、30代くらいのカップルさんと喋ってて、Aさんとその奥さんと紹介し、私のことを「この子は恋人のユキ」と言ってくれました。

恋人( *¯ ꒳¯*)ウレシイ

 

4人でフロアの奥の方の大きめのソファに座りお酒を飲みながらいろんな話を。仕事などプライベートにはあまり触れませんでしたね。

すると、ヒロくんが「今日はAさんとユキがエッチするんだよ、俺は奥さんとするから」と。

えっ!?マジ?そっか、そのために連れて来たんだろうし。

と、気持ちを切り替えました。Aさんも紳士的な男性でしたしね。

Aさんが「ヒロさん、こんな若くて綺麗な子、ほんとにいいの?」と聞くと、ヒロくんは「いいよ、可愛がってあげて」と。

私にとって初めてのスワッピングが始まりました。

”プレイルーム”と言って合意した男女がエッチできる部屋も下の階にあるんですけど、その部屋には行かずに他のお客にも見られるソファを選んだのはヒロくんがお互いに見せ合いたかったのかなあと思います。

私はAさんに身を任せました。Aさんも優しく大切に私を扱ってくれました。キスされ服を脱がされ下着姿に。

すぐ横ではAさんの美人な奥さんがヒロくんのおちんちんを咥えてました。

「ヒロさんの、ほんとおっきいよね」と言ってたので、あの奥さんとも初めてじゃないんだなあと。

複雑だったけど、嫉妬なんかヒロくんが嫌がりそうなので、私もAさんとのエッチを楽しむことにしました。

下着も脱がされ、「若いから張りがあってキレイな肌だね」などと言われながら丁寧に愛撫されました。

クンニも上手で声を漏らしちゃいました。そして、初めて見るバイブなどで責めてくれました。(おもちゃは店内にたくさんあって使うときはコンドームを着けるのがルールです。おちんちんを挿入するときも必ず着けなければなりません。)

私はアソコとアナルを初めてのおもちゃで同時に責められて気持ち良くなって「イってもいい?」とAさんに言うと「もちろん、いいよ」と答えておもちゃの動きを少し激しくしたので、すぐにイっちゃいました。

「ユキちゃん、顔も赤くなってほんとうに可愛い子だね」とAさん。「Aさんも気持ち良くする!脱いで」と私。

全裸のままひざまずいて、Aさんのモノを咥えました。ヒロくんに仕込まれたテクで唾液を溜めながらジュッポジュッポと。

「ユキちゃん、すごく上手いね、気持ちいいよ」と言うAさんに「このまま出してもいいよ」と答えると「ここではそれは禁止なんだ、だからユキちゃんのおまんこに入れさせて」と。

私はソファに座って両脚を広げて「入れて」と。Aさんはカチカチになったおちんちんに素早くコンドームを着けて挿入してきました。

はぁ、気持ちいい( ˘ ᵕ ˘ )

ヒロくんとは違うリズムで一生懸命突いてくれてる。

視線を感じたのでチラっと周りを見ると、7~8人くらいの男女が私たちのエッチを見ていました。でも、全然恥ずかしくなくて一層感じました。

すぐ横ではヒロくんが腰を振ってて、美人の奥さんがびっくりするくらいの声で喘いでました。

Aさんが「イクよ」と言い、「私もイキそう、抱きしめて」と。

ぎゅーっと抱きしめ合って一緒にイキました。

ヒロくんたちも終わったみたいで、奥さんが呼吸を荒くしながらぐったりしてました。

その後は服を着て4人でお酒を飲みながらエッチな話などで盛り上がって終了。

 

ハプバーでは、スワッピングは何回かしましたね。

別の日には、単独さん(ひとりで来ている男性)の中から「良さそうな男を選んで」と言われ、ヒロくんと単独さん相手に3Pもしましたし、4Pもしました。複数の男性におもちゃ責めをされるのをヒロくんが嬉しそうに見ていたことも。

 

女の子同士

また別の日には、ある若い女の子を見て、ヒロくんが私と一緒にその子のところへ行き、「ヒロといいます。間違ってたら失礼します。あなたは女性が好きじゃないですか?」と。

え!?なんで分かんの?

と思っていると、その女の子が恥ずかしそうに頷いて「そうです」と答えました。

すると、私のことを「この子、ユキっていうんですけど、どうですか?遊んでみませんか?」と紹介し、「え、いいんですか?彼女さんじゃないんですか?」と。

「もちろん、いいです。いろいろと教えてあげてください」と、私とその女の子は2人でプレイルームへ。その子はKちゃんということにします。Kちゃんは、色白でめちゃくちゃ可愛くてスタイルも良く、私より2歳年上でした。

初めてのレズプレイ。緊張したけどKちゃんが上手くリードしてくれました。

最初にキスをされたんですけど、やっぱ女の子の唇は柔らかくって初めての感触でした。そして、お互いに服を脱がせ合って、

  • おもちゃ

で、プレイしました。

なんて表現したらいいんだろ?ヒロくんももちろんエッチが上手いんですけど、Kちゃんは女の子ならではのポイントを知ってて繊細に責めてくれるって感じかなあ。何をされてもすごく気持ち良かった。

また、男の人の身体と違って、Kちゃんの柔らかくて丸みのあるボディラインはすごく美しいと思った。

Kちゃんはクンニも上手くて、ゆっくり時間をかけてイカせてくれました。お返しに私も初めて女の子にクンニしました。Kちゃんのアソコはキレイなピンク色で、ちっちゃいけどクリがぷっくりしていて一生懸命優しく舐めました。そして、Kちゃんが濡れてきたので、指も入れて私がいつもセルフプレジャーしている時に気持ちいいポイントを探しました。すると、Kちゃんが「そこ、はぁ気持ちいいよ、ユキちゃん」と言うのでクリを舐めながらそのポイントを重点的に責めたていたら、ビクンビクンと腰を浮かしてKちゃんはイっちゃいました。

初めて女の子をイカせられて嬉しかったです。

その後は、両端がおちんちんになってるディルドをお互いに入れたり、ペニスバンドをはめて突き合ったりしました。ペニスバンドは突かれてる時よりも突いてる時がなんだか不思議な感覚でした。

でも、正直おもちゃよりも、抱き着いてキスしたり、舐め合ったり、触りあったり、という方が気持ち良かったかな。

最後は抱き合って目を合わせながら2人とも笑顔でチュッチュッしてました。

「Kちゃん、彼女いるんでしょ?」と聞いたら「いるけど、今、海外に留学してるから会えないんだ」と。

初めて会ったのに愛おしくなってギューッと抱きしめました。

 

プレイルームには覗き窓があって、客は誰でも他人のプレイを見ることができます。ヒロくんがずーっと見てたのも気付いてました。他にも男女が何人か覗いてました。でも、当時の私は一切恥ずかしくなかったです笑

服を着て部屋を出て3人でお酒を飲みながら談笑しました。

Kちゃんとはまた会いたいなと思ったけど、ハプバーではメールなど連絡先を教えるのはNGなので、「また会えたらいいね」「そうだね」と言ってKちゃんは先に店を出ました。

 

ヒロくんの知り合いのマンションの一室で男女10人くらいで乱交パーティーをしたこともあります。高そうなシャンパンやいろんなお酒、オードブルなども用意されていてものすごく盛り上がりました。

 

エッチなことばかり書いてますけど、老舗の和食屋さんや高級レストラン、オシャレなバーなんかにも連れて行ってもらいましたよ。誕生日には有名なホテルの最上階のレストランを予約してくれたり。

 

突然の別れ

ヒロくんと初めて会ってから7ヶ月を過ぎた頃、突然ヒロくんとのLINEが途絶えました。

IDで検索しても見付からない。

電話番号も働き先も住所もメールも知らない。

最初に出会ったエロサイトからも消えてました。

どーゆうこと!?わけわかんない!あんなに可愛がってくれたのに!なんで?どーして!?大好きなのに――!

LINEのIDまで消したってことは、あのいつものハプバーに行っても姿を現さないだろうな。

寂しい・゜・(。´ノω・`)。ウウゥゥ

食欲もなくなって2週間で5kgほど体重も落ちました。

それでも、いつLINEがきてもいいようにスマホは常に充電して身近に。

就職もほぼ内定してたので、ほとんど部屋に閉じこもり。

すると、大学に来ない私を心配した友達が飲みに誘ってくれました。

ヒロくんとのことを話すと自然に涙が溢れて止まらなかったです。

「きっとその人に遊ばれたんだよ、新しい女を見付けたんじゃない」と言われ、ちょっとムッとしたけど、確かにそうかもと。

結局、ヒロくんから連絡はありませんでした。

 

そして現在に至るまで

大学卒業へ向けて勉強も頑張りました。

でも、ヒロくんのことはショックすぎたので、良さそうなハプバーを探して、1人で通いました。

女性1人だと入会金も安いし、あとは全部無料ってところもあります。

また、女性1人だとめっちゃモテます!たくさんの男性が言い寄ってきます。なので、選び放題!

この人いいかなと思ったら、即プレイルームでエッチしてました。1回行くと3人くらいとはヤってました。週に3~4回通ってたから、1ヶ月で40人くらいかな。

もし、エッチしたいという女の子(成人以上)がここを読んでくださっているなら、勇気を出してハプバーに行ってみてください。
お金もほとんどかからず安全にエッチができます。
さらに女の子の方が立場が上だから、嫌な男性に言い寄られたらすぐに断っても余裕でOKですよ。
店員さんも女の子の味方ですから、しつこい男性やお店のルールを守らない男性なんかはすぐに出禁になります。
SNSやマッチングアプリより安全だと思いますよ。

短期間で何度もエッチしちゃうと膣の内のヒダがすり減って傷付いたりすることがあるそうです。

検査のために婦人科へ行くと、

「病気はないけど、中が傷付いてるから、性行為はなるべく控えた方が良いよ」

と先生に言われた事もありました(/ω\)

 

そして、大学を無事に卒業して、けっこう大手の企業に就職。

職場ではビッチな本性は隠し通しています。仲良くなった同期の女友達にも話してません。

そして、バリバリにキャリアを積みたいので精一杯頑張っているつもりです。

 

仕事も忙しいけど、もちろんエッチもセルフプレジャーもしてます。

セルフプレジャーする時のおもちゃで今のお気に入りはマイメアリープラスです。

学生時代ほど頻繁ではないですけどハプバーにも行ってますし、学生時代の女友達と飲みに行ったり合コンしたりして、良さそうな男性がいると誘われたら当然、誘われなかったら私からアプローチしてエッチしてます。

 

でも、、、

ヒロくんみたいに上手い人には出会ってないです。

外国人でヒロくんよりおちんちんが大きい人は1人だけいたけど、あんまり硬くならないし、激しいだけでエッチ自体は上手くなかったですね。

経験人数は、数えてないけど3桁はいってます。女の子もKちゃん以降に数人遊びました。

そのうちまたヒロくんみたいに大好きになれる男性と出会えるのかなあ?でも、今は仕事も頑張りたいし。

 

以上、私の体験談でした。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます♡

>>HOMEに戻る

コメントは受け付けていません。